コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

luteinizing hormone luteinizinghormone

世界大百科事典内のluteinizing hormoneの言及

【月経】より

…性周期は,間脳・脳下垂体‐卵巣系における神経系と内分泌系との間の,一種の生体自動調節機構によってもたらされるもので,脳の視床下部脳下垂体前葉と卵巣とが相互に作用しあい,それぞれからのホルモン分泌が巧妙に調節されて起こる。
[月経周期]
 間脳・視床下部の支配のもとに,脳下垂体前葉から,月経周期に応じて,2種類の性腺(または生殖腺)刺激ホルモン(ゴナドトロピン),すなわち卵胞(または濾胞)刺激ホルモンfollicle‐stimulating hormone(FSHと略記)と黄体形成ホルモンluteinizing hormone(LHと略記)が規則正しく周期的に血中に分泌される。卵胞刺激ホルモンは卵胞を刺激して卵胞を成熟させる。…

【ゴナドトロピン】より

…生殖腺(性腺)刺激ホルモンともいう。脊椎動物では,脳下垂体前葉から分泌される卵胞(濾胞)刺激ホルモンfollicle‐stimulating hormone(FSHと略す)と黄体形成ホルモンluteinizing hormone(LHと略す)または間質細胞刺激ホルモンinterstitial cell‐stimulating hormone(ICSHと略す)の2種のホルモンと,胎盤から分泌される絨毛(じゆうもう)(膜)性ゴナドトロピンchorionic gonadotropin(CGと略すが,ヒトの場合はhCGと略す)が含まれる。ともに糖タンパク質で,ヒトのFSHは分子量約3万5000,LH,hCGは約3万である。…

【脳下垂体】より

…(5)卵胞刺激ホルモンfollicle‐stimulating hormone(FSH) 女性では卵巣に働いて原始卵胞の発育を促す作用をもち,男性では睾丸の精子形成を促進する。(6)黄体形成ホルモンluteinizing hormone(LH) 女性ではFSHとともに卵胞の発育を促進し,エストロゲンの産生と分泌を刺激する。月経中間期には,前葉から急激なLHの分泌が起こり,卵巣の成熟した卵胞はこれに反応して排卵を起こして黄体が形成される。…

※「luteinizing hormone」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

luteinizing hormoneの関連キーワード下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症下垂体前葉機能低下症生殖腺刺激ホルモン黄体形成ホルモンゴナドトロピン体外受精LHRHシャリーLRFLH

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android