コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

lyophilic colloid lyophiliccolloid

世界大百科事典内のlyophilic colloidの言及

【コロイド】より

…巨大分子あるいは高分子の概念はコロイド粒子の構造解明の過程で生まれたともいえるのである。親水性高分子が水中に分散したコロイドは非常に安定で,少量の電解質の添加によって凝結することなく,親水コロイドhydrophile colloid,あるいは一般に親液コロイドlyophilic colloidと呼ばれる。
[粒子コロイドparticular colloid]
 分散コロイドdispersion colloidともいう。…

※「lyophilic colloid」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

lyophilic colloidの関連キーワードゲル間脳腫瘍E. リディール

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android