コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

mT 管 えむてぃーかん

世界大百科事典内のmT 管の言及

【電子管】より

…さらに三極管を改善した四極管,五極管などが次々に発明され,このうち小型(小電力)のものは一般に真空管vacuum tubeと呼ばれ,ラジオ放送開始(日本で1925年)以後,受信機用として多く作られた。その後当初のナス形管から30年代ST管,40年代GT管,50年代以降mT管としだいに小型化された。また管の種類が増すに従って専門的には受信機に用いるような小型管を受信管と呼び,大型管やブラウン管などを含めた全体を電子管と呼ぶようになった。…

※「mT 管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

mT 管の関連キーワードいすゞ フォワード・Smootherインダストリアル・エンジニアリング道路交通情報通信システムミサイル技術管理レジームマツダDA型三輪トラック日産ディーゼル クオン次世代航空保安システムサイモン スタンデイジサブミニチュアチューブエムティジェネックスマツダR360クーペミニチュアチューブキッセイコムテックシア(夏)級潜水艦トヨタ IMTS空港監視レーダーマウントゴックスダイハツ コペンスズキ ワゴンR日野 プロフィア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

mT 管の関連情報