コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

miniSDメモリーカード/ミニSDメモリーカード ミニエスディーメモリーカード miniSD memory card

1件 の用語解説(miniSDメモリーカード/ミニSDメモリーカードの意味・用語解説を検索)

IT用語がわかる辞典の解説

ミニエスディーメモリーカード【miniSDメモリーカード/ミニSDメモリーカード】

メモリーカードの規格のひとつ。2003年にサンディスクが開発。フラッシュメモリーを内蔵し、電気的に記憶内容の書き換えが可能。容積はSDメモリーカードの約40%になっている。主に携帯電話のメモリーカードとして利用されたが、2005年に、より小型化を進めたmicroSDメモリーカードが登場した。◇略して「miniSD」ともいう。また、「miniSDカード」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

miniSDメモリーカード/ミニSDメモリーカードの関連キーワードCFカードDIMMPCMCIAメモリースティックDuoメモリースティックProSDカード拡張メモリーカードマイクロSDメモリーカードミニSDメモリーカードSDXCメモリーカード

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone