コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

penetration pricing penetrationpricing

世界大百科事典内のpenetration pricingの言及

【価格戦略】より

… これらの基本的な価格政策のほかに,特定の状況に対応するための個別的な政策として,次のような諸政策がある。すなわち,まったく新しい製品の価格政策として,市場導入期に高価格をつけておき,しだいに価格を引き下げていく〈上層吸収価格政策(上澄吸収価格政策ともいう)skim‐the‐cream pricing〉と,逆に,最初から急速に市場を開拓するために安い価格をつける〈浸透価格政策penetration pricing〉,販売対象市場の違いによって価格差をもって対応していくための〈差別価格政策discriminatory price policy〉,ないしは〈割引政策discount policy〉,値くずれの防止や価格安定のための〈再販売価格維持政策resale price maintenance policy〉などである。 価格戦略は,以上のようなさまざまな政策をベースとするとともに,他のマーケティング諸活動との関連に留意しつつ,長期的,総合的な視野に立って樹立され,実施される。…

※「penetration pricing」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone