コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

persiana a saracinesca persianaasaracinesca

世界大百科事典内のpersiana a saracinescaの言及

【ブラインド】より

… 現在もっともひろく用いられているベネチアン・ブラインドは,鎖や紐でルーバーの角度調節を行い,軽量化してすだれと同様に上方にたたみこめるようにしたもので,ベネチアを中心に用いられ始めたことから,この名がある。しかしイタリアでは,〈ペルシアーナpersiana〉あるいは〈ペルシアーナ・ア・サラチネスカpersiana a saracinesca〉(〈サラチネスカ〉は巻上げの機構をいうが,本来は〈サラセン風〉の意)などと呼ばれ,これもまた,東方起源のものであることを示している。【福田 晴虔】。…

※「persiana a saracinesca」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android