コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

potadromous fish potadromousfish

世界大百科事典内のpotadromous fishの言及

【遡河魚】より

…このように,アユの場合はウナギのような降河魚とはだいぶ違うので両側回遊魚amphidromous fishと呼ばれる。上記の遡河魚,降河魚および両側回遊魚を総称して通し回遊魚diadromous fishというが,これは淡水域だけを回遊する河川回遊魚potadromous fish,海の中だけを回遊する海洋回遊魚oceanodromous fishに対することばである。ボラ,クロダイ,スズキなどは幼魚期に川をさかのぼることがあるが,これらの行動はむしろ任意的なもので,生活史の一定の時期に淡水域に,または海水域にはいるというような規則性はないので,川をさかのぼった場合でも一般には遡河魚とか降河魚とは呼ばない。…

※「potadromous fish」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

potadromous fishの関連キーワード表層魚石川美樹田尾匠子三宅真衣奥山直久斎藤卓武原広幸カサゴ(笠子)カジキギンザメ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android