sanguis bacchius(英語表記)sanguisbacchius

世界大百科事典内のsanguis bacchiusの言及

【血】より

…ヤコブス・デ・ウォラギネの《黄金伝説》にはセバスティアヌスの処刑,自分の血を手にすくって投げて絶命したユリアヌスの最期,グレゴリウスが切ったヨハネの法衣から血が流れた話など,血にまつわる聖人の伝説が少なくない。ラテン語sanguis bacchius(〈バッコス=ディオニュソスの血〉の意)はブドウ酒のことなので,異教とキリスト教の聖餐との関係を推測する者もいる。 コーランによれば,マホメット(ムハンマド)は天使ガブリエルから〈主は凝血から人間を創った〉との啓示を受けた。…

※「sanguis bacchius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android