コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

short take-off and landing aircraft shorttakeoffandlandingaircraft

世界大百科事典内のshort take-off and landing aircraftの言及

【短距離離着陸機】より

…離着陸の際の滑走距離が短く,狭い飛行場でも発着できる飛行機。short take‐off and landing aircraftを略してSTOL(エストール)ともいう。どの程度の距離で離着陸できればSTOLといえるかは飛行機の大きさや種類によっても違い,明確な決りはないが,中型の輸送機を例にとると,安全上の余裕を含む離着陸に必要な滑走路の長さが,ふつうの輸送機は1200m以上であるのに対して,短距離離着陸輸送機は600m程度でよい。…

※「short take-off and landing aircraft」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

short take-off and landing aircraftの関連キーワード短距離離着陸機V/STOLSTOL機

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android