t-分布(読み)てぃーぶんぷ

世界大百科事典内のt-分布の言及

【確率分布】より

…それは密度関数,をもつ分布である。(3)X,Yを独立で,それぞれ標準正規分布,自由度nΧ2分布に従う確率変数とするとき,の分布を自由度nt‐分布という。その密度関数は,である。…

【数理統計学】より

…このtの分布関数Sn(x)=P(tx)は密度関数sn(x)=Sn′(x)をもち,それは,と表される。分布関数Sn(x),あるいは密度関数sn(x)をスチューデント分布またはt分布といい,ゴセットWilliam Sealy Gosset(1876‐1936。ペンネームがStudent)によって初めて統計の問題に用いられた。…

※「t-分布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android