コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

tawny day-lily tawnydaylily

世界大百科事典内のtawny day-lilyの言及

【キスゲ】より

…基本変種のヒメカンゾウH.dumortierii var.dumortierii(英名narrow dwarf day‐lily)は日本で栽培されていた園芸品種で,名前のように2~数個の花をつけるかわいらしいカンゾウの1種である。ゼンテイカと異なり地下に長い走出枝を出す八重咲きのヤブカンゾウH.fulva L.var.kwanso Regel(英名double tawny day‐lily)(イラスト)や一重咲きのノカンゾウH.fulva L.var.distiche (Donn.) Hottaは,西南日本に多く分布する暖温帯系の種類で,橙黄色の花をつける系統もあるが,多くは赤っぽく,花被の基部寄りに濃色で山形の斑紋を有している。どちらも夏に開花する。…

※「tawny day-lily」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone