あやふや

精選版 日本国語大辞典 「あやふや」の意味・読み・例文・類語

あや‐ふや

[1] 〘形動〙
物事の確かでないさま。あいまいで判断のつかないさま。いずれとも決定しないさま。
※江都二色(1773)「半面美人やら又悪女やら、この人形のかほのあやふや」
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「決して那様(そんな)(わけ)ぢゃないとか何とか瞹眛(アヤフヤ)なことを言って」
② たよりないさま。うすぼんやり。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「あやふやな主とりをする黒い猫」
[2] 〘副〙 疑わしいさま。また、たよりないさま。しっかりと定まらないさまを表わす語。
※雑俳・柳多留‐五三(1811)「あやふやと家名の替る三代目」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「あやふや」の意味・読み・例文・類語

あや‐ふや

[形動][文][ナリ]物事がはっきりしないさま。あてにならないさま。曖昧あいまい。不確か。「あやふやな返事」「あやふやな気持ち」
曖昧[用法]
[類語]不確か曖昧うやむや漠然おぼろげぬらりくらりぬらくらのらりくらりのらくらぼやかす無節操洞ヶ峠言を左右にする言葉を濁す煮え切らないどっちつかず要領を得ないかりかりじりじりやきもきむしゃくしゃむずむずうずうず苛立つじれる苛つく業を煮やす痺れを切らす歯痒いじれったいもどかしい辛気臭い苛立たしいまだるっこい躍起隔靴掻痒いらいら荒れる荒らすすさむすさぶ焦慮苛立ち焦燥焦るせく急き込む気が急く逸るテンパる焦心尖るまどろっこい手ぬるい生ぬるいのろ臭い間怠まだる間怠まだるこしい小心弱気引っ込み思案気弱内弁慶陰弁慶臆病大人しいこわがり内気怯懦きょうだ怯弱きょうじゃく意気地なし小胆小心翼翼弱腰薄弱惰弱柔弱軟弱優柔不断柔いやわ弱弱しい女女しい弱音を吐く音を上げる悲鳴を上げる気が弱い腰が弱い肝が小さい肝っ玉が小さい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android