ありさま

精選版 日本国語大辞典 「ありさま」の意味・読み・例文・類語

あり‐さま

〘代名〙 (「われさま」から転じた「わりさま」の変化した語) 対称。近世庶民階級の用語で、対等、またはそれ以下の人に対して用いられた。あれさま。
浮世草子好色五人女(1686)一「ありさまにきん玉が有かと船中声々にわめけば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ありさま」の意味・読み・例文・類語

あり‐さま

[代]《近世上方語》二人称人代名詞おまえさん。あれさま。
「いや、―に人の先祖あらためてくだされいといふか」〈浮・織留・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android