いとこ漬け(読み)いとこづけ

日本大百科全書(ニッポニカ) 「いとこ漬け」の意味・わかりやすい解説

いとこ漬け
いとこづけ

福島県郷土料理。お事初め、お事納めの年中行事に用いるお事汁から転じた名という。また、するめ数の子という海産物を用いるので、これを「いとこ」とみて、この名ができたともいう。するめ4枚に、数の子400グラム、麹(こうじ)4分の1枚、みそ大さじ2杯、みりん少々、しょうゆ大さじ5杯を用意する。干し数の子は水に2日間漬けてもどし、よく洗う。するめは細切りにする。しょうゆ、みりん、麹を適量混ぜ合わせた汁に、するめ、数の子を1週間漬ける。

多田鉄之助

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android