かなぐり捨てる(読み)カナグリステル

デジタル大辞泉 「かなぐり捨てる」の意味・読み・例文・類語

かなぐり‐す・てる【かなぐり捨てる】

[動タ下一][文]かなぐりす・つ[タ下二]
身につけているものを荒々しく取って放り出す。「上着を―・てて身構える」
全部捨て去る。「恥も外聞も―・てて懇願する」
[類語]捨てる廃棄破棄投棄遺棄焼却焼き捨てる掃き捨てる投げ捨てるぽいする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「かなぐり捨てる」の意味・読み・例文・類語

かなぐり‐す・てる【かなぐり捨】

  1. 〘 他動詞 タ行下一段活用 〙
    [ 文語形 ]かなぐりす・つ 〘 他動詞 タ行下二段活用 〙
  2. 身につけていた物を乱暴に投げすてる。荒々しく脱ぎ捨てる。
    1. [初出の実例]「六騎の兵皆揆をかなぐり捨(ステ)て」(出典太平記(14C後)八)
    2. 「綿入れ半天をかなぐりすて」(出典:団団珍聞‐一号(1877))
  3. ( 比喩的に ) きれいさっぱりと振り捨てる。思い切って捨てる。
    1. [初出の実例]「智恵をかなぐりすてて不知にしていれば人が我を愚人と云」(出典:古活字本荘子抄(1620頃)七)
    2. 「先師は異国の借物をかなぐり捨てて本然の日本に帰れと教へる人ではあっても」(出典:夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android