がら空き(読み)ガラアキ

デジタル大辞泉 「がら空き」の意味・読み・例文・類語

がら‐あき【がら空き/がら明き】

[名・形動]
中がほとんど空なこと。がらがらにすいていること。また、そのさま。「―の電車
防備が手薄になること。また、そのさま。「顔面が―になる」
[類語]空間スペース空き中天空洞空虚から空っぽがらんどううつろうろ虚空もぬけの殻

がら‐すき【がら空き】

[名・形動]がらあき」に同じ。「がら空きバス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「がら空き」の意味・読み・例文・類語

がら‐すき【がら空】

  1. 〘 名詞 〙 がらがらにすいていること。
    1. [初出の実例]「終点までがらすきのままだった」(出典:見知らぬ山(1977)〈高橋たか子〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android