こうけい

普及版 字通 「こうけい」の読み・字形・画数・意味

【肯】こうけい

骨肉結合の所。〔荘子、養生主〕始め臣の牛を解きし時、見る牛に非ざる無し。三年の後、未だ嘗(かつ)て牛を見ざるなり。方今の時、臣、を以てひ、目を以てず。官知止まりて、欲行はる。~技、肯を經(ふ)ることも之れ未だ嘗てせず。而るを況(いは)んや大(だいこ)(堅い骨)をや。

字通「肯」の項目を見る


【拘】こうけい

拘囚する。〔三国志、呉、曜伝〕、愚惑不にして、陛下大の美を宣すること能はず。官に拘せられ、趣をして敍(の)べざらしむ。

字通「拘」の項目を見る


【公】こうけい

三公・九高官。〔論語、子罕〕 出でては則ちに事(つか)へ、入りては則ち兄に事ふ。

字通「公」の項目を見る


鶏】こうけい

ごいさぎ。

字通「」の項目を見る


【煌】こうけい

光り輝く。

字通「煌」の項目を見る


【校】こうけい

取調べ。

字通「校」の項目を見る


【扣】こうけい

叩門

字通「扣」の項目を見る


【郊】こうけい

郊外

字通「郊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android