こうれい

普及版 字通 「こうれい」の読み・字形・画数・意味

【公】こうれい

祀者のない諸公の霊。〔礼記、祭法〕侯、國の爲に五祀を立つ。曰く司命、曰く中霤(ちゆうりう)、曰く國門、曰く國行、曰く

字通「公」の項目を見る


黎】こうれい

とあかざ。

字通「」の項目を見る


】こうれい

戻。

字通「」の項目を見る


】こうれい

炎熱

字通「」の項目を見る


】こうれい

かご

字通「」の項目を見る


【羹】こうれい

字通「羹」の項目を見る


【詬】こうれい

ののしりそしる。

字通「詬」の項目を見る


【垢】こうれい

垢汚れ。

字通「垢」の項目を見る


【荒】こうれい

ききん

字通「荒」の項目を見る


【鴿】こうれい

鳩の羽。

字通「鴿」の項目を見る


【亢】こうれい

昂揚

字通「亢」の項目を見る


【肴】こうれい

酒肉

字通「肴」の項目を見る


【虹】こうれい

悪気

字通「虹」の項目を見る


【皎】こうれい

清高。

字通「皎」の項目を見る


【蛤】こうれい

かき。

字通「蛤」の項目を見る


【膠】こうれい

膠戻

字通「膠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android