しっちゃかめっちゃか(読み)シッチャカメッチャカ

精選版 日本国語大辞典 「しっちゃかめっちゃか」の意味・読み・例文・類語

しっちゃか‐めっちゃか

〘形動〙 物事の混乱したさま。めちゃくちゃ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「しっちゃかめっちゃか」の意味・読み・例文・類語

しっちゃか‐めっちゃか

[形動]物事が入り乱れているさま。めちゃくちゃ。「しっちゃかめっちゃかな騒ぎ」
[類語]はちゃめちゃめちゃくちゃ乱雑雑然乱脈紛然紛紛繚乱蕪雑ぶざつ狼藉卍巴まんじともえ不統一ごっちゃごちゃまぜごちゃごちゃごしゃごしゃごじゃごじゃごたごたまぜこぜかなえの沸くが如し上を下へ蜂の巣をつついたよう押すな押すな押し合いへし合い混乱錯綜錯乱混沌錯雑交錯混線混同混交混迷ごた混ぜどさくさこんがらかる紛れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android