するり

精選版 日本国語大辞典 「するり」の意味・読み・例文・類語

するり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
動作が速やかで滞りないさまを表わす語。
源平盛衰記(14C前)一四「足軽二三百人法勝寺の北ざまより、三条河原祇園の辺までするりと遣して在家に火を放ちなば」
※薤露行(1905)〈夏目漱石〉一「やがてするりと踵を回らして」
② 動き方がすべるようになめらかなさまを表わす語。
平治(1220頃か)中「此の太刀まくらのうへに立たりけるが、みづからするりと抜けて」
※はやり唄(1902)〈小杉天外〉四「するりと夜具の中を脱出た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「するり」の意味・読み・例文・類語

するり

[副]動きが、滑るようになめらかなさま。「戸がするりと開く」「警戒網をするりとくぐり抜ける」
[類語]するっとするするずるりつるりつるつるすべすべ滑らか滑っこい平滑つるん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android