だい

精選版 日本国語大辞典 「だい」の意味・読み・例文・類語

だ‐い

  1. 〘 連語 〙 ( 断定助動詞「だ」に終助詞「い」の付いたもの )
  2. 疑問を表わす語句に付いて、疑問の意を強める。
    1. [初出の実例]「如何(どう)だい、どんな女だい」(出典新世帯(1908)〈徳田秋声〉二)
  3. 断定の語気を強めて主張する。
    1. [初出の実例]「爰(ここ)一ばん聴所(ききどこ)だいッ」(出典:滑稽本浮世風呂(1809‐13)四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「だい」の読み・字形・画数・意味

移】だい

流用する。

字通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android