ちまちま

精選版 日本国語大辞典 「ちまちま」の意味・読み・例文・類語

ちま‐ちま

〘副〙 (「ちまぢま」とも。多く「と」を伴って用いる) 小さくまとまったさま、こぢんまりしているさまを表わす語。
御代恩沢(1790)四「父の心少(ちいさ)く、ちまちまと暮されけるこそ愚なれ」
面影(1969)〈芝木好子〉五「東京のちまちました生活に馴れなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ちまちま」の意味・読み・例文・類語

ちま‐ちま

[副](スル)小さくまとまっているさま。ちんまり。「ちまちま(と)した考え方」「ちまちま(と)書かれた文字
[類語]小さいしょう小さなちっちゃいちっぽけ細かい低い小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりん微小微細細微細密緻密ちみつ細か小振り小形小柄小作り小粒豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細ちんまりこぢんまりミニ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

推し

他の人にすすめること。また俗に、人にすすめたいほど気に入っている人や物。「推しの主演ドラマ」[補説]アイドルグループの中で最も応援しているメンバーを意味する語「推しメン」が流行したことから、多く、アイ...

推しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android