ちょびちょび

精選版 日本国語大辞典 「ちょびちょび」の意味・読み・例文・類語

ちょび‐ちょび

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) わずかずつ何度もするさまを表わす語。
※雑俳・銭ごま(1706)「ちょびちょびとべにはきたがる子姑」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ちょびちょび」の意味・読み・例文・類語

ちょび‐ちょび

[副]物事が断続的に少しずつ行われるさま。ちょっとずつ。「ちょびちょび(と)金を使う」
[類語]ちょろりちょろちょろちょぼちょぼちびちびちびりちびりぽつぽつはらりたらりほろり小出しちょっとちょびっと少し少ない少少いささかいくらかいくぶんややちとちっとちょっぴりなけなし若干一抹心ばかりしるしばかり形ばかり少しく心持ち気持ち多少二三少数少量僅僅きんきんわずか数えるほどたったただたかだか低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少きんしょう些少さしょう最少微量ちびちび一つまみ一握り一息紙一重すずめの涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびっとちょんびりちょんぼりちらり爪のあか小口ささやか寸毫すんごうプチほのか幾ばくせいぜいたかが微塵みじん些細ささいまばらほんのあるかなきか一縷いちる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android