つら

精選版 日本国語大辞典 「つら」の意味・読み・例文・類語

つ‐ら

(完了の助動詞「つ」に推量の助動詞「らむ」の付いた「つらむ」が「つらう」となり、さらに変化したもの) =つろう
史記抄(1477)一一「状似━なんとかしつら孔子状に似たぞ」

つら

〘接尾〙 指示代名詞に付いて、程度がほぼそれくらいである、たいしたことないの意を添える。づれ。
サントスの御作業(1591)一「コレ tçura(ツラ) ノ ミチ ワ ワヅカノ コト ナリ」

つら

〘名〙 それ以上の意の、魚屋隠語
滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「けふは頭(かしら)で『ばんどう』から上(ツラ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android