アオミズ(読み)あおみず

日本大百科全書(ニッポニカ) 「アオミズ」の意味・わかりやすい解説

アオミズ
あおみず
[学] Pilea pumila (L.) A.Gray
Pilea mongolica Wedd.

イラクサ科(APG分類:イラクサ科)の一年草ミズに酷似するが、茎が緑色紫色を帯びないことが多いのでこの名がある。茎は高さ15~60センチメートル。無毛で多汁質、普通、緑色だがときに紫色を帯びる。葉は柄(え)があり、対生する葉は大きさや柄の長さが少し違い、卵形菱形(ひしがた)状卵形で長さは柄を除いて2~10センチメートル。縁(へり)にはややとがった鋸歯(きょし)がある。花は茎の上部の葉腋(ようえき)から出る花序に集まって多数つき、雄花は下部に、雌花は上部につく。ミズ属の中では、ミズとともに雄花の花被片(かひへん)が2枚、雌花の花被片が3枚であることで特徴的な一群をなす。日本全土の低山地の湿った場所に生え、国外では東アジアと北アメリカに広く分布する。中国名は透茎冷水花。若い植物体をゆでて山菜として食べることがある。

[米倉浩司 2019年12月13日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版 「アオミズ」の意味・わかりやすい解説

アオミズ【Pilea mongolica Wedd.】

低山地の湿った場所に生えるやわらかいイラクサ科の一年草(イラスト)。近縁のミズP.hamaoi Makinoとともに日本全土に広く分布し,ごく普通の植物である。茎は高さ30~50cm,無毛でやわらかい。葉は対生し,卵状楕円形で長さ3~10cm。花は7~8月に葉腋(ようえき)からでる1対の花序につき,上方の花序は雌花を,下方の花序は雄花をつける。果実は9~10月。花被片の数はミズ属の分類上重要な特徴で,アオミズとミズは雄花の花被片が2枚である点でミズ属の中でも特殊な存在である(ミズ属では通常4枚)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android