アフリカ探検(読み)アフリカたんけん

改訂新版 世界大百科事典 「アフリカ探検」の意味・わかりやすい解説

アフリカ探検 (アフリカたんけん)

最古のアフリカ探検家は古代エジプト人であった。前25世紀の第5王朝サフラ王は神に供える香料を入手するためプントの国へ船団を派遣した。プントの国はソマリアの一角と考えられている。前7世紀の第26王朝ネコ2世はフェニキア人を雇ってアフリカ周航をさせた,と前5世紀のヘロドトスは記している。内陸部への進出はナイル川をさかのぼって行われた。古代エジプト王国が達した南限はハルツームに近い第6急流地帯である。前5世紀にカルタゴの執政官ハンノは西アフリカの海岸をギニア湾まで下ったという記録を残した。カルタゴに代わって前2世紀に北アフリカの支配者となったローマは,威信誇示のため戦車をサハラの南にまで走らせた。その南限はニジェール河畔のガオだったらしい。前1世紀にエジプトを征服したローマはナイル川の水源探査を試みた。探査隊ははるか奥地のバール・エル・ガザルにまで達した可能性がある。後2世紀にアレクサンドリアの天文学者・地理学者プトレマイオスはアフリカ中央部の二つの大湖から発するナイルの水系を地図に描いた。東アフリカを航海した船乗りの話を材料にしたものらしい。

 7世紀になると,アラブが北アフリカを征服し,内陸部への探検と通商を進めた。隊商は地中海岸からサハラを縦断して黒アフリカと接触し,イスラムをひろめ,金,象牙,塩の取引を独占した。このアラブの進出は当然に交易都市を発達させ,アラブの学術文化をサハラ以南にまで伝えた。その代表的都市はニジェール河畔のトンブクトゥである。14世紀のアラブの地理学者イブン・バットゥータは北アフリカの沿岸全域,ナイル川をアスワンまで,東海岸をキルワまで,サハラ以南ではニジェール川中流部を踏査し記録した。それは黒人世界の実情を初めて総合的に紹介するものであり,そこに描かれたトンブクトゥはとくに後世の探検家を引きつけるものとなった。

15世紀になると,ヨーロッパ人の先駆としてポルトガル人がアフリカに乗りだした。ポルトガルのエンリケ航海王子がその指導者で,彼はイスラムを押しかえすキリスト教の拠点をアフリカにつくることをまず考えた。その最初の行動は1415年のセウタの占領である。ついで彼は地理学上の関心を高め,自分の城内に地理学と航海術の学校を設けて専門家の育成に努めた。こうしてポルトガル船は34年にボジャドール岬に,60年の王子の死の年にシエラレオネに達した。ついで69年にギニアをフェルナン・ゴメスFernão Gomesが発見し,73年ロポ・ゴンサルベスLopo Gonçalvesがついに赤道を越えた。このような地理上の発見によって,ポルトガルは未知の人間と社会と産物を知ることとなった。そこには組織された黒人国家マリ帝国もあり,ポルトガル人は歓迎された。ポルトガルはキリスト教と陶器,ビロード,銀細工品,鉄砲などをアフリカにもたらし,アフリカから象牙,金,奴隷を買いいれた。布教活動もやがて通商に,とりわけ奴隷取引に役割を果たすようになり,キリスト教徒となったコンゴ王アフォンソから抗議されるに至った。やがてポルトガルはアフリカ全体の沿岸を調べること,そして香料の国インドへの道を開くことに熱意をもった。88年B.ディアスは初めてアフリカ南端をまわってインド洋の入口まで達した。岬の嵐の激しさを示すためディアスは〈嵐の岬〉という名称を用意したが,国王は〈よき希望の岬(喜望峰)〉と命名した。ポルトガルに希望を与える岬という意味である。V.daガマが国王のその期待にこたえた。彼は97年7月8日にリスボンを出港し,喜望峰をまわってインド洋をわたり,98年5月20日インドのカリカットに着いた。こうしてインドの香料,陶器,宝石が大きな富をポルトガルにもたらすことになった。16世紀にはいって奴隷取引はそれまでとは比較にならない規模に膨張した。アメリカ大陸の鉱山と農業プランテーションが安価な労働力を大量に求めたからである。奴隷売買に従事したのはポルトガル人だけではなく,スペイン人,オランダ人,イギリス人,ドイツ人,フランス人もこれに加わって競争した。

18世紀の啓蒙思想の高まりとともにアフリカ内陸部の謎,とりわけナイル川,コンゴ川,ニジェール川の水源と水系の問題がヨーロッパ人の知的好奇心と冒険心を燃え上がらせた。スコットランドの医師ブルースJames Bruceは1770年に青ナイルの水源タナ湖を発見した。彼はその探検を私費で進めたが,公費による組織的な探検が始まるのは,88年ロンドンに〈アフリカ内陸部発見を促進する協会〉(略称アフリカ協会)が設立されてからである。協会の設立提唱者は,J.クックの世界周航(1768-71)に同行して調査に当たったこともある植物学者バンクスJoseph Banksである。協会は1830年に王立地理学協会に吸収されるまで独自の計画を推進した。最も成果の上がったのはM.パークのニジェール水系調査である。彼は1795年と1805年の2回の探検でこの水系の大部分を明らかにし,探検地で死亡した。全コースを下航してニジェール水系を調査したのはランダーRichard Landerで,1831年のことである。またD.リビングストンはナイル川とコンゴ川の水系調査に先駆的役割を果たした。ナイルの水源ビクトリア湖は62年スピークJohn Hanning Spekeによって発見され,コンゴ川の水系は76-77年のH.スタンリーの全コース下航によって明らかとなった。探検家はいずれも探検地の人間と社会について報告することを忘れず,それがヨーロッパ人のアフリカ人認識の基礎となった。〈幻の民〉とされていたピグミーを実見し報告したのはスタンリーである。しかし内陸部発見が進むにつれて,ポルトガル,イギリス,フランス,スペイン,ドイツの支配地獲得競争が激烈となり,84-85年のベルリン会議アフリカ分割のための会議となった。その分割状況はほぼ1960年の〈アフリカの年〉までつづいた。なお,アフリカ探検と植民地化との関連については,〈アフリカ(歴史)〉を参照されたい。

 日本人のアフリカ探検旅行としては,1903年の中村直吉の場合が最も古いようである。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「アフリカ探検」の意味・わかりやすい解説

アフリカ探検
あふりかたんけん

古代ギリシアの歴史家ヘロドトスは紀元前430年ごろ、ナイル川をアスワン付近までさかのぼり、そこでの聞き取りをもとにしてナイル川上流のクシュ王国について記している。その約400年後、無名のギリシア人が『エリトラ海案内記』を書き、現在の東アフリカ海岸部について触れている。ローマ時代には、北アフリカにローマ帝国の植民都市が置かれ、前23年にはローマのエジプト総督ペトロニウスのクシュ遠征、紀元後61年にはネロ皇帝のナイル川上流の探検がなされた。アラブ人がザンジとよんだ東アフリカ海岸部については、10世紀初めのアラブ人旅行家マスウーディー、12世紀のモロッコ人地理学者アル・イドリーシーが、海岸諸都市の繁栄について記しており、1417~1419年には明(みん)の鄭和(ていわ)が大艦隊を率いて来航している。その後1498年にはポルトガル人バスコ・ダ・ガマが東海岸に到来し、それに続いて多くのポルトガル人が海岸都市を脅かした。

 西スーダンでは、早くからサハラ砂漠を越えて隊商路によるアラブ人との接触があったが、アラブ人の目的は塩と交換に金(のちに奴隷)を手に入れることにあった。この地に繁栄した古代ガーナ帝国(8~11世紀末)については11世紀末アラブ人旅行家バクリの記録、続くマリ帝国(13~15世紀末)に関しては14世紀なかばのイブン・バットゥータの記録、ソンガイ帝国(14~16世紀末)については16世紀初めのレオ・アフリカヌスの記録が残されている。

 南部アフリカでは1652年オランダ東インド会社が東インド貿易の補給基地としてケープ・タウンに上陸して以来、会社は移民を奨励して北東内陸部に進出したが、本格的な内陸進出は、1814年のイギリスのケープ植民地化と、その後に続くブーア人(オランダ系)のグレート・トレック(1835~1838)と、オレンジ自由国およびトランスバール共和国の建国である。一方イギリス政府は内陸に無関心であったが、キリスト教の布教は積極的に行われた。1840年ロンドン伝道協会から派遣されたD・リビングストンは、初めベチュアナランドのクルマンに伝道所を開いたが、その後、より内陸への布教を目ざして3回にわたる探検を行った。第1回(1841~1856)は西海岸のルアンダに出て、ふたたび引き返してザンベジ川を河口まで下り、第2回(1858~1864)はザンベジ川をさかのぼり、途中シレ川に入りマラウイ湖を発見、第3回(1866~1873)はルブマ川沿いにマラウイ湖に出て、北上してタンガニーカ湖に向かったが、その後消息を絶ち、探検家スタンリーの捜査でウジジで劇的な会見(1871)をした。

 18世紀後半に設立されたイギリスのアフリカ内陸発見協会(のちの王立地理学協会)の目的は、奴隷貿易の廃止と内陸部に対する地理学上の関心であり、まずその対象をニジェール川の水源、水流、河口の調査に向け、探検家に財政的援助を与えた。マンゴ・パークは2回の探検(1795~1797、1805~1806)で水流を明らかにしたが、途中ブッサで事故死した。ついでデンハム、クラッパートン、オードネーが北アフリカのトリポリから南下してチャド湖に達し、湖とニジェール川が無関係であることを証明した。さらにレイング少佐は川の水源を明らかにし、白人として初めてトンブクトゥに入ったが帰途殺された。一方、R・カイエは独力でガンビアからトンブクトゥに入り、サハラ砂漠を縦断してモロッコのラバトに抜けた。1830年レインダー兄弟はギニアから北上してブッサに達し、川を下って大西洋に出て、初めてニジェール川の河口が明らかにされた。

 ニジェール川問題解決後、王立地理学協会の関心はナイル川水源に向けられた。まずR・F・バートンとJ・H・スピークが1857年ザンジバルから内陸に入り、翌1858年タンガニーカ湖に達したが、バートンが病をいやしている間にスピークが北上してビクトリア湖に達し、ナイル川の水源であると直観した。ついでスピークは、グラントとともに水源問題に決着をつけるため、1860年ザンジバルからビクトリア湖の西岸を回ってブガンダ王国に達し、1862年ビクトリア・ナイル川の流出口を確認した。その後ナイル川沿いにカイロに出る途中、エジプトから南下してきたベイカー夫妻に会い、ベイカーはもう一つの湖アルバート湖を発見した。

 リビングストンの消息不明のニュースが世界中の関心となり、アメリカの『ニューヨーク・ヘラルド』紙記者スタンリーが派遣され、ウジジで劇的会見をしたことはすでに述べたが、スタンリーは1874年ふたたび大湖地方の探検隊を組織し、湖を船で一周してスピーク説を証明した。さらにブガンダ王国に立ち寄ったあと、アルバート湖、エドワード湖を通りタンガニーカ湖に達し、同湖から流出するルアラバ川沿いにコンゴ川に出て、同川を下って1877年初めて河口まで達した。そしてこのスタンリーの探検は、その後に続くアフリカ分割の幕開きでもあった。

[林 晃史]

『ベルナール・ド・ボー著、酒井傳六訳『アフリカ探検五千年史』(1962・朝日新聞社)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山川 世界史小辞典 改訂新版 「アフリカ探検」の解説

アフリカ探検(アフリカたんけん)

ヨーロッパのアフリカに関する知識は大航海時代以降も沿岸部周辺に限定され,内陸部については16世紀のレオ・アフリカヌスの著作『アフリカ誌』がほぼ唯一の情報源であった。18世紀に内陸部,特にナイル川コンゴ川ニジェール川水源・水系の謎や黄金の交易都市トンブクトゥなどが啓蒙思想の洗礼を受けたヨーロッパ人の知的好奇心を惹きつけると,各国の探検家が競って内陸部におもむいた。イギリスでは公的機関として1788年「アフリカ内陸部発見を促進する協会」(アフリカ協会)が設立され,1830年王立地理学協会に吸収された。他の国々でも地理学会や新聞社が賞金を出し後援者となった。ナイル川では1770年ブルースが青ナイル水源(タナ湖)を,1862年スピークが白ナイル水源(ヴィクトリア湖)を「発見」。ニジェール川水系は1795年および1805年にパークが探検,31年ランダー兄弟が全水系を下航した。またコンゴ川では76~77年スタンリーが全水系を下航した。トンブクトゥから1828年に初めて無事生還したカイエは凋落した町の様子を報告した。アフリカ探検はたんなる地理上の謎の解明にとどまらず,ザンベジ川,ナイル川,コンゴ川の調査に従事したリヴィングストンの例に顕著なように,暗黒大陸の開化,キリスト教布教や奴隷貿易廃絶の意志に支えられ,のちにはスタンリーとコンゴ自由国の関係にみられるようにアフリカ分割の露払い役をも果たした。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のアフリカ探検の言及

【アフリカ】より

… 全大陸的規模でみても,多発する民族紛争,国際紛争と大国を含めた外部諸国のそれへの介入,パクス・アフリカーナを維持するべきアフリカ統一機構(OAU)の内部対立と能力の低下,はたまた深刻化する難民問題など,現代アフリカが当面している苦難は大きいが,90年代以降のアフリカ諸国における民主化の雪崩現象が新しい未来を切り拓く可能性もないわけではない。アフリカ探検アフリカ文学【小田 英郎】。…

【リビングストン】より

…イギリスのアフリカ探検家。産業革命後のビクトリア女王時代のイギリスとアフリカのかかわりを典型的に示す探検家といえる。…

※「アフリカ探検」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android