アメリカ海軍(読み)あめりかかいぐん

世界大百科事典(旧版)内のアメリカ海軍の言及

【海軍】より

… 第2次大戦後は,電子兵器,ジェットエンジンの超音速航空機,原子力推進の潜水艦や航空母艦(空母),ミサイルなどが飛躍的に発達し,艦艇や装備に一大革命をもたらし,同時に軍事費をいよいよ巨大化させつつある。現在も海軍の使命が制海権の獲得にあることに変りはないが,この使命を達成するためよく整備されているのはアメリカ海軍だけといってよい。アメリカは西側防衛の指導国家としての立場から,抑止と緊急展開の戦略に立って海軍力を重視し,1996年現在,大西洋,太平洋,インド洋・ペルシア湾・紅海,地中海,西太平洋に艦隊を派遣し,空母12,潜水艦95など大量の艦船を擁して世界に君臨している。…

※「アメリカ海軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android