アレクサンドロス大王(読み)アレクサンドロスだいおう

山川 世界史小辞典 改訂新版 「アレクサンドロス大王」の解説

アレクサンドロス大王(アレクサンドロスだいおう)
Alexandros Ⅲ[ギリシア],Alexander the Great[英]

前356~前323(在位前336~前323)

マケドニア王でギリシアエジプト,アジアにまたがる大帝国の建設者。フィリポス2世の子で,父王がギリシアを統一した直後,前336年に暗殺されたため,同年20歳で即位。ギリシアの反乱鎮定したのち,前334年ギリシア,マケドニアの連合軍を率いて東方への遠征に出発,グラニコス河畔の戦いイッソスの戦いアルベラの戦いでペルシア軍を連破し,前330年ペルシア帝国を滅ぼして遠征の目的を果たした。なおも東進を続けインド西北部にまで達したが,部下の反対でさらなる進軍を断念し,前324年バビロン凱旋,翌年熱病のため急逝した。大王は遠征中しだいに専制君主化し,またマケドニア人とイラン人とを集団結婚などにより結合しようとした。大王の政治家としての実力はわからないが,彼の遠征は学術的探検の性格を持ち,ギリシア人に東方の世界を知らせ,またエジプトのアレクサンドリアなど多数の都市建設はギリシア文化の伝播をもたらした。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「アレクサンドロス大王」の意味・わかりやすい解説

アレクサンドロス大王
アレクサンドロスだいおう

アレクサンドロス3世(大王)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報