アレロパシー

デジタル大辞泉 「アレロパシー」の意味・読み・例文・類語

アレロパシー(allelopathy)

他感作用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「アレロパシー」の解説

アレロパシー
アレロパシー
allelopathy

他感作用あるいは遠隔作用ともいう.種々の生物が共存する自然界では,ある生物がほかの生物に対して影響を与えている場合がある.この生物間の影響が,生物により対外に排出される化学物質によって引き起こされる現象をアレロパシー(他感作用)といい,アレロパシーを引き起こす化学物質を他感作用物質という.一般には,植物がほかの植物に作用する現象をいい,クルミの木やマツの木の根本雑草が生えにくい現象や,アスパラガス連作障害などによる忌地(いやち)現象もアレロパシーによるものである.クルミの木のジュグロンや,セイタカアワダチソウのポリアセチレン化合物などが他感作用物質として知られている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版 「アレロパシー」の意味・わかりやすい解説

アレロパシー【allelopathy】

モーリッシュHans Molisch(1856‐1937)が1930年代に提唱した用語で,他感作用,遠隔作用などと訳されることもある。特定の種の植物が生産する物質が同種あるいは異種の植物に対して及ぼす作用のことをいう。その作用は,阻害の場合も促進の場合もあるが,結果としては有害なものが多い。セイタカアワダチソウは周辺の植物を駆逐して旺盛な群落をつくるが,これはある種の阻害物質を出して周辺に生えている植物の生育を阻害しているためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵 「アレロパシー」の解説

アレロパシー

植物の生産する物質が他の個体あるいは他の生物に及ぼす作用。セイタカアワダチソウやヒメジョオンが阻害物質を出して周囲の植物を駆逐したりするのが代表的な例。遷移を引き起こす要因の1つと考えられている。高等植物がフィトンチッドと呼ばれる物質を出して微生物の生育を防ぐことや、ジャガイモなどの忌地(いやち)もアレロパシーの例とみることができる。阻害物質は主としてテルペン類からなる。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のアレロパシーの言及

【忌地】より

…第3は,作物が固有の物質を排出し,これが同種または近縁の作物の発芽や生育に阻害的に働くことに基づくものである。アレロパシーと呼ばれるこの現象は,近年研究者の注目を集めるところとなっており,個々の阻害物質の同定や化学構造の決定がなされつつある。 忌地の解決策としては,基本的には同一作物の連作をやめ,各種の作物を組み合わせて順次作付けていく輪作方式の採用が,最も望ましいものとされている。…

※「アレロパシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルツハイマー

[1864~1915]ドイツの精神医学者。クレペリンのもとで研究に従事。1906年、記憶障害に始まって認知機能が急速に低下し、発症から約10年で死亡に至った50代女性患者の症例を報告。クレペリンによっ...

アルツハイマーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android