イェール大学(読み)イェールダイガク

デジタル大辞泉 「イェール大学」の意味・読み・例文・類語

イェール‐だいがく【イェール大学】

Yale University米国コネティカット州にある私立大学東部大学アイビーカレッジ)の一。1701年、牧師養成専門学校として設立。1887年、初期の後援者イェールにちなみ現校名改称ブッシュ父子が学部を、クリントン夫妻がロースクールを卒業するなど近年政界有力者を輩出している。エール大学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「イェール大学」の意味・読み・例文・類語

イェール‐だいがく【イェール大学】

  1. ( Yale University )[ 異表記 ] エール大学 アメリカ合衆国コネチカット州にある私立大学で、東部の有名八大学(アイビーカレッジ)の一つ。一七〇一年、牧師養成の専門学校として発足、一八八七年、大学に改めた。校名は後援者のエリフ=イェールにちなむ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「イェール大学」の意味・わかりやすい解説

イェール大学 (イェールだいがく)
Yale University

アメリカ合衆国,コネティカット州ニューヘブンにある私立大学。アイビー・リーグの一つ。合衆国で3番目に古く,1701年に組合派教会牧師らにより創設されたが,18年,経営難の大学に巨大な寄付をしたイェールElihu Yale(1649-1721)の名をとって,イェール・カレッジと称した。1847年,アメリカで最初の博士課程を設けた。学部課程と大学院課程とを明確に分離した大学院を創設し,イェール型として他大学の大学院のモデルとなった。卒業生E.S.ハークネスの寄付を受け,97年からオックスフォード,ケンブリッジ型の学寮制度を導入し,現在12のカレッジを擁している。学部課程のイェール・カレッジのほか,医学,法学芸術建築,組織・経営などの大学院レベルの専門学部および大学院をもち,その学問的レベルと教授団の質は常に全米のトップ・クラスを占めている。学生数は約1万1000,教員数は約2700(1996)。ハーバード大学と並ぶ名門男子校だったが,1969年から女子学生の正規入学を認めた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「イェール大学」の意味・わかりやすい解説

イェール大学【イェールだいがく】

米国コネティカット州ニューヘブンにある米国で3番目に古い私立大学でアイビー・リーグの1つ。1701年創立。1718年に後援者イェールE.Yaleにちなんで改称。1847年米国で最初の博士課程を設けた。学部課程のカレッジ,医,神,法,芸術,建築,音楽,林,看護,演劇,組織・経営の大学院レベルの専門学部および大学院によって構成。男子校としてハーバード大学と並ぶ名門校であったが,1969年からは男女共学となった。付属図書館(蔵書数総計約1200万冊(2012年))は世界的に有名。
→関連項目コネティカット[州]モンティ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大学事典 「イェール大学」の解説

イェール大学[アメリカ]
イェールだいがく

コネティカット州ニューヘヴン所在のアメリカ合衆国で3番目に古い大学。1701年ハーヴァードのピューリタン的宗教からの後退批判を一因として創設されたため,常に同大学と比較される宿命を負った。南北戦争前は「諸カレッジの生みの親」と称され,カレッジの学生数でも1870年頃までハーヴァードほかを圧倒していた。1828年のイェール・レポートは保守派のバイブルと見なされた。19世紀末に至るまで,有力な牧師を学長に迎えていた。他方,早くも1818年,現存の科学誌『American Journal of Science(and Arts)』を創刊し,アメリカ初のPh.D. 学位を61年に授与したイェールは,「進取の気性」も備えていた。今日のイェールはカレッジ・学術大学院ともに全米上位の水準を維持し,法学を中心に専門職大学院も高い評価を得ている。キャンパス・ライフの規則で革新性を示す一方,ゴシック風の学寮や図書館建築は全米一クラシックである。
著者: 立川明

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「イェール大学」の意味・わかりやすい解説

イェール大学
いぇーるだいがく

エール大学

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のイェール大学の言及

【日本研究】より

…また建築,芸術の分野における草分け的研究としては,日本の民家を詳しく紹介したE.S.モースの《日本のすまいとその周囲》(1886)や,E.F.フェノロサの遺作《東亜美術史綱》(1912)と,詩人E.パウンドが発表したフェノロサの漢詩と能楽の研究も重要である。 ボストン美術館東洋部部長を務めた岡倉天心,イェール大学の朝河貫一(1873‐1948),コロンビア大学の角田(つのだ)柳作(1877‐1964)など,アメリカにおける日本研究に尽力した日本人の役割も見逃してはならない。朝河はイェール大学で博士号を取得し,1906年から同大学で日本語,日本史を担当するかたわら,日本関係図書も収集し,のちのイェール大学の日本研究発展の基礎を築いた。…

※「イェール大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」