イギリスアフガニスタン戦争(読み)イギリスアフガニスタンせんそう

改訂新版 世界大百科事典 の解説

イギリス・アフガニスタン戦争 (イギリスアフガニスタンせんそう)

イギリスとアフガニスタンの3回にわたる戦争(1838-42,1878-80,1919)。アフガン戦争とも呼ばれる。インドの支配者たるイギリスは,中央アジアを征服しつつ南下するロシアの勢力を,インドに対する脅威とみなした。そしてインド保全のための防壁としてアフガニスタンを征服しようとし,1838年10月,シムラ宣言を出して,アフガニスタンに対する事実上の宣戦布告を行った。翌年,イギリス軍はカンダハールを経てカーブルに入った。しかし駐留軍に対するゲリラ活動が頻発し,42年1月,撤退するイギリス軍はアフガン諸部族の攻撃を受けて潰滅した。これが第1次イギリス・アフガニスタン戦争である。78年,イギリスは再び軍隊を送って第2次戦争を起こし,翌年ガンダマク条約を結んで,この国の外交権を掌握,80年イギリス軍隊はカーブルから撤退した。1919年5月,第1次世界大戦後のイギリスの疲弊とインドの不安定に乗じて,今度はアフガニスタンがインドに攻めこんだ。これが第3次戦争で,同年8月,ラーワルピンディー条約が結ばれ,アフガニスタンは外交権を回復して独立した。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のイギリスアフガニスタン戦争の言及

【アフガニスタン】より

…そこでイギリスは2度にわたって軍隊をアフガニスタンに派遣し,カーブルその他の東部の主要都市を占領した。これが第1次,第2次イギリス・アフガニスタン戦争(1838‐42,78‐80)である。2度とも,カーブル駐在の外交代表が殺害されたり,戦闘において軍隊が敗北したりして,イギリスは大損害を被った。…

※「イギリスアフガニスタン戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android