イリ(読み)いり

山川 世界史小辞典 改訂新版 「イリ」の解説

イリ
Ili/Yili 伊犂

中央アジアの都市。現在の中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区伊寧(いねい)市。ウイグル人グルジャと呼ぶ。イリ川流域の盆地の中心。清代には,イリ西方の恵遠城に,新疆軍政の中枢である伊犂(イリ)将軍府が置かれた。1944年には,トルコ系ムスリムの反乱のなかで東トルキスタン共和国政府が樹立された。中華人民共和国成立後,伊犂カザフ自治州の州都

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のイリの言及

【アイヌ】より

…ある場合には母処婚または母処・父処婚的形態をとっている。家族をあらわす適当なアイヌ語は存在せず,もっともそれに近いと思われる〈イリ〉という言葉は,家族よりも広い親族をさす場合にも使用される。
[親族]
 親族関係は父母兄弟関係family of orientationとその延用,および夫婦息子娘関係family of procreationとその延用の2側面から分析するのを便とする。…

※「イリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android