ウキツノガイ(読み)うきつのがい(英語表記)needle sea butterfly

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ウキツノガイ」の意味・わかりやすい解説

ウキツノガイ
うきつのがい / 浮角貝
needle sea butterfly
[学] Creseis acicula

軟体動物門腹足綱カメガイ科の巻き貝。終生浮遊生活をする種で、分類上は巻き貝であるが殻は螺旋(らせん)状でなく、殻長30ミリメートル、殻口径1ミリメートルぐらいのまっすぐな針状をしている。世界の温帯熱帯の海洋表層に分布し、日本近海の暖流域にもごく一般的で、しばしば大群をなして浮遊するため、しらす干しの中にも混入しているのがみられる。軟体も普通の巻き貝と異なり足が左右の翼足に変化していて、これをチョウはねのように動かして海中を泳いでいる。魚類の天然餌料(じりょう)となる。

[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android