エポック

精選版 日本国語大辞典 「エポック」の意味・読み・例文・類語

エポック

〘名〙 (epoch époque) 時代。特に、それまでとは違った意味をもった時期段階新時代
※雁(1911‐13)〈森鴎外一六「覚束ない不言交際が爰に新しい époque(エポック)に入ったのを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「エポック」の意味・読み・例文・類語

エポック(epoch)

時代。特に、新しく画期的な時代・時期。新紀元。「エポックを画する」
[類語]時代年代時期世紀時世じせい時節とき時世ときよ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「エポック」の解説

エポック

ドイツ、ペリカン社の筆記具の商品名。万年筆ボールペンがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android