エリザベス ハンド(英語表記)Elizabeth Hand

現代外国人名録2016 「エリザベス ハンド」の解説

エリザベス ハンド
Elizabeth Hand

職業・肩書
作家

国籍
米国

生年月日
1957年3月29日

出生地
カリフォルニア州

受賞
ネビュラ賞(中編部門)〔1995年〕「Last Summer at Mars Hill(去年の夏、マースヒルで)」,世界幻想文学大賞(中編部門)〔1995年〕「Last Summer at Mars Hill(去年の夏、マースヒルで)」,ネビュラ賞(短編小説部門)〔2006年〕「エコー」,シャーリイ・ジャクスン賞(長編小説部門)〔2007年〕「Generation Loss」

経歴
アイリッシュ・カトリック系の第1子。カトリック大学で劇作と文化人類学を学び、スミソニアン航空宇宙博物館に勤務。「SFアイ」誌などに書評評論を、「インターゾーン」誌などに短編を発表。1990年長編第1作「冬長のまつり」を発表、同年度のフィリップ・K.ディック賞にノミネートされた。’95年中編「Last Summer at Mars Hill(去年の夏、マースヒルで)」でネビュラ賞と世界幻想文学大賞を、2006年短編「エコー」でネビュラ賞、2007年長編「Generation Loss」でシャーリイ・ジャクスン賞を受賞。また、映画12モンキーズ」「アンナ王様」「マリー・アントワネット首飾り」などのノベライズも手がける。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android