エンテベ(英語表記)Entebbe

デジタル大辞泉 「エンテベ」の意味・読み・例文・類語

エンテベ(Entebbe)

ウガンダ中南部の都市首都カンパラ南西約35キロメートル、ビクトリア湖北岸に位置し、港をもつ。1894年から1962年まで英国保護領の首都が置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「エンテベ」の意味・わかりやすい解説

エンテベ
Entebbe

東アフリカ内陸にあるウガンダ共和国の都市。ビクトリア湖北岸に位置する。人口2万1000(1980)。国際空港があり,ビクトリア湖の航路,首都カンパラへの国道によって,交通要衝となっている。綿花コーヒーなどを産出する地域の中心として1893年に建設され,94年からウガンダ独立の1962年までウガンダ保護領におけるイギリス行政府が置かれていた。カンパラ首都圏の中にある都市として開発が計画されている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「エンテベ」の意味・わかりやすい解説

エンテベ
えんてべ
Entebbe

アフリカ東部、ウガンダ中南部の都市。ビクトリア湖北岸に面する。人口5万7518(2002推計)。首都カンパラに近く、国際空港をもち、スーダンブルンジケニア、ヨーロッパなどと結んでいる。東方ジンジャと並ぶビクトリア湖上交通の重要な港の一つで、とくにウガンダ鉄道がケニアのキスム止まりの時期、キスム―エンテベ間の輸送で栄えた。ビクリトア湖上の漁業の重要な中心地でもある。1976年のエンテベ空港事件(イスラエル軍による人質奪還のための空港奇襲作戦)で一躍有名になった。

[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「エンテベ」の意味・わかりやすい解説

エンテベ
Entebbe

ウガンダ中南部の都市。カンパラ南南西約 35km,ビクトリア湖に突出した小半島に位置。標高約 1200mの湖岸にあるため年平均気温 21.6℃としのぎやすい。 1893年イギリスが軍の駐屯地として建設,94年ウガンダ保護領の行政庁所在地となった。独立後カンパラに首都を譲り,現在は住宅地。国際空港,植物園などがあり,観光地としても名高い。湖港でもあり,ビクトリア湖を航行するケニア,タンザニア行きの汽船が出ている。 1976年のエンテベ空港事件で有名。人口4万 1638 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android