エンドユーザーコンピューティング(読み)えんどゆーざーこんぴゅーてぃんぐ

デジタル大辞泉 の解説

エンドユーザー‐コンピューティング(end user computing)

情報利用者が、自ら情報を取り扱えるようになっているコンピューターシステム。特に企業内で、コンピューターを利用して現場実務を行う者(エンドユーザー)が、自らシステム構築管理運用にかかわること。システム構築を外部に完全委託するのではなく、実際業務に適したものを作ろうという目的から生まれた。EUC

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典 の解説

エンドユーザーコンピューティング

システムの利用者であるエンドユーザーが、積極的にパソコンを使用して業務システムの構築や運用・管理に携わること。パソコンの低価格化と性能の大幅な向上アプリケーションの高機能化などを背景に、企業におけるエンドユーザーコンピューティングが急激に進んだ。なお、シスアド試験では「エンドユーザーコンピューティング」と表記される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

アルツハイマー

[1864~1915]ドイツの精神医学者。クレペリンのもとで研究に従事。1906年、記憶障害に始まって認知機能が急速に低下し、発症から約10年で死亡に至った50代女性患者の症例を報告。クレペリンによっ...

アルツハイマーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android