オーバーハング

精選版 日本国語大辞典 「オーバーハング」の意味・読み・例文・類語

オーバー‐ハング

〘名〙 (overhang) 登山用語で、岩壁上部に突き出た岩。張り出した岩。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「オーバーハング」の意味・読み・例文・類語

オーバーハング(overhang)

登山用語。ひさし状に張り出している岩壁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集 「オーバーハング」の解説

オーバーハング

下階よりも上階が張り出し、スペースが広くなるように設計された形式。庭の広さを損なうことなく、建物内の広さを確保できキャンティの下部分を駐車場デッキなどさまざまなスペースとして利用することも多い。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

ダイビング用語集 「オーバーハング」の解説

オーバーハング

岩の壁が一部分前に突き出してひさしのような形になっている箇所のこと。魚たちの恰好の隠れ家になっていたり、サンゴ類が彩っていたりと、景観だけでない見所いろいろの箇所になっていることが多い。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android