カパイシアン(英語表記)Cap-Haïtian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「カパイシアン」の意味・わかりやすい解説

カパイシアン
Cap-Haïtian

西インド諸島中部,ハイチ北部都市。現地ではルカプ Le Capと略称される。大西洋に臨む港湾都市で,ハイチ第2の都市。1670年フランス人が建設。カプフランセ Cap-Françaisと呼ばれ,1770年までフランス植民地サンドマングの首都。1791年奴隷の反乱,1802年植民地人とフランス軍の戦闘があったところとして知られる。1842年の地震,1928年のハリケーンなどにより,古い建築物の多くが破壊された。周辺の農業地帯の中心地で,バナナ,パイナップル,サトウキビコーヒー,カカオなどを集散する。周辺にはサン・スーシ宮殿やラ・フェリエール要塞遺跡などがあり,観光客も多い(→ラミエール国立歴史公園)。首都ポルトープランスの北約 140kmにあり,道路,空路で結ばれる。人口 11万1094(2003)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版 「カパイシアン」の意味・わかりやすい解説

カパイシアン【Cap Haïtien】

ハイチ北部にある同国第2の都市。人口10万0638(1995)。カプ・ハイティアンとも呼ぶ。コーヒー,ココア木材海産物積出港として知られる。1670年に建設され,当時はカプ・フランセーズと呼ばれるとともに,1795年までフランス領植民地サン・ドマング島の主都でもあった。しかし同年,黒人蜂起によって主要な建物が破壊された。H.クリストフの造ったサン・スーシ宮殿と要塞の廃虚が近郊にある。【神代 修】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディア 「カパイシアン」の意味・わかりやすい解説

カパイシアン

ハイチ北部にある同国第2の都市。1670年仏植民地として創設され,製糖業の中心だった。市の北部に美しい海岸が続く。近郊に19世紀初めH.クリストフが建設した城塞(じょうさい)と宮殿の廃墟がある。15万5505人(2009)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android