ギリシャ共和国(読み)ギリシャ(英語表記)〈ポルトガル〉Grécia

デジタル大辞泉 「ギリシャ共和国」の意味・読み・例文・類語

ギリシャ(〈ポルトガル〉Grécia)

ヨーロッパ南東部の国。正称、ギリシャ共和国。バルカン半島の南端部およびエーゲ海島々からなる。首都アテネ古代文明の発祥地で、前2500年ごろから石器・青銅器文明が発達。前8、9世紀ごろアテナイ・スパルタなど多数の都市国家が成立したが、前4世紀マケドニア併合。その後、ローマ帝国オスマン帝国の支配下に入ったが、1829年王国として独立。1924年に共和国、1935年王制復活を経て、1973年共和国。国民の多くがギリシャ正教徒。人口1068万(2021)。ギリシャ語でエリニキ、ヘラスエラザ。ギリシア。
[補説]「希臘」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android