グルートフォンテーン(読み)ぐるーとふぉんてーん(英語表記)Grootfontein

デジタル大辞泉 「グルートフォンテーン」の意味・読み・例文・類語

グルートフォンテーン(Grootfontein)

ナミビア北部の町。標高約1500メートルの高原位置する。名称アフリカーンス語で「大きな泉」を意味し、近郊に熱水泉があることに由来する。南アフリカから来たボーア人によって建設。牧畜業、農林業が盛ん。グロートフォンテイン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「グルートフォンテーン」の意味・わかりやすい解説

グルートフォンテーン
ぐるーとふぉんてーん
Grootfontein

アフリカ南西部、ナミビア北部の町。カラハリ砂漠の西部、標高1500メートルの高原に位置する。人口1万1000(1999)。オアシスタウンとして建設され、幹線鉄道の終点となってから発展した。周辺ではウシ放牧湧水(わきみず)による農業が行われ、西方山地では銅、鉛、亜鉛などの鉱業開発が進められている。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「グルートフォンテーン」の意味・わかりやすい解説

グルートフォンテーン
Grootfontein

ナミビア北東部の町。ウィントフーク北北東約 340kmに位置。国内鉄道網の北東の終点。農産とリン鉱石開発の中心地。1920年巨大な隕石が発見されたことで知られる。人口 2万1595(2001速報値)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android