グーテンベルク(Johannes Gutenberg)(読み)ぐーてんべるく(英語表記)Johannes Gutenberg

日本大百科全書(ニッポニカ) の解説

グーテンベルク(Johannes Gutenberg)
ぐーてんべるく
Johannes Gutenberg
(1398ころ―1468ころ)

ドイツの技術者。活版印刷術の創始者といわれる。この時代、活版印刷術に関しては、彼とその協力者をはじめ、ほかにも発明者といえる人がおり、その優先権は今日なお論議の種になっている。とはいえ、彼が発明者の栄誉を受けるに足る有力者の一人であることに間違いはない。

 グーテンベルクは、マインツの富裕な家庭に生まれた。1434年ころシュトラスブルクに移住し、活字印刷機作製を試み、ドリツェーンA. Dryzehn(?―1438)とともに活版印刷の企業化をもくろんだが、この協力者の死で頓挫(とんざ)した。1445年ころ、マインツに戻ったグーテンベルクは印刷技術を完成、この町の金細工師フストJohann Fust(?―1466)の出資を得て、フストの養子シェッファーPeter Schöffer(1430?―1502)とともに印刷所を設立した。シェッファーは、従来の木や金属でつくった活字のかわりに、パンチを打ち込んで母型をつくり、それから鋳型をつくって、これに金属を流し込んで活字を製作した、といわれている。こうしてつくられる活字をグーテンベルクとシェッファーは、もっとも有効に利用しようとした。そのために、活字が擦り切れるまで繰り返し使えること、個々の文字は最初に念入りに下図をつくれば補充が容易で安価ですむこと、各活字の大きさと型とを厳密に標準化して自由に差し替えられるようにすること、を重視した。なお、活字の材料となった合金は、少量の蒼鉛(そうえん)(ビスマス)を含むスズ(錫)を基礎にしたものであったと考えられる。また印刷用インキは、当時すでに油煙または木炭粉末を沸騰したあまに油といっしょに練ってつくられていた。

 グーテンベルクが印刷したものとしては『四十二行聖書』(1452年から1456年に印刷されたと考えられる)、『三十六行聖書』(印刷時期不詳)などがあり、免罪符などの印刷も行った。ところで、1455年にフストが印刷事業から手を引いたため印刷所は破産し、グーテンベルクは負債代償に印刷所をフストに譲り渡した。その後フンマーK. Hummerの財政援助を受けて機械の改良に努めた。1460年以後は盲目のために仕事を放棄した。しかし、マインツの大司教から恩給を与えられ、安定した晩年を送った。マインツにあるグーテンベルク博物館(1900年開館)には、グーテンベルクが印刷した活版印刷本や印刷機、世界各国の印刷物が展示されている。

平田 寛]

『C・シンガー他編、田中実訳編『技術の歴史6』(1978・筑摩書房)』『マリー・ゲクラー著、浅田清節訳『印刷の父ヨハン・グーテンベルク』(1994・印刷学会出版部)』『マイケル・ポラード著、松村佐知子訳『伝記世界を変えた人々15 グーテンベルク』(1994・偕成社)』『戸叶勝也著『グーテンベルク』(1997・清水書院)』『高宮利行著『グーテンベルクの謎 活字メディアの誕生とその後』(1998・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android