コケ(英語表記)Koke

現代外国人名録2016 「コケ」の解説

コケ
Koke

職業・肩書
サッカー選手(アトレティコ・マドリードMF)

国籍
スペイン

生年月日
1992年1月8日

出生地
マドリード

本名
レスレクシオン・メロディオ,ホルヘ〈Resurrección Merodio,Jorge〉

経歴
8歳の時、アトレティコ・マドリードの下部組織に入り、17歳でトップチーム入り。2014年18シーズンぶりのリーグ優勝に貢献し、UEFA欧州チャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝進出。各年代のスペイン代表にも選出され、2012年ロンドン五輪代表、2013年U-21欧州選手権では優勝を果たした。2014年W杯ブラジル大会では2試合に出場。178センチ、74キロ。利き足は右。“コケ”は、本名のホルヘと発音が似ていることからついた愛称

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「コケ」の意味・わかりやすい解説

コケ
こけ

一般的には、小形の植物総称する場合と、コケ植物を特定してよぶ場合とがある。小形の植物の総称として使われる場合は、種子植物コケモモサギゴケなどのように高さ数センチメートルのもの、あるいはシダ植物コケシノブマメヅタなどのほか、地衣類およびクロレラなどの藻類をさしている。『古事記』などに出てくる「木毛」あるいは「蘿」はそれぞれ「こけ」と読み、小形の植物の意である。コケ植物をさす「苔」あるいは「蘚」がコケにあてられたのはずっとあとの、江戸中期になってからである。コケ植物を特定してコケというのは、ゼニゴケスギゴケの仲間の植物をさしているが、形態的に類似した地衣類も含まれることがある。

[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「コケ」の意味・わかりやすい解説

コケ (苔)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android