シェラン島(読み)シェランとう(英語表記)Sjælland

精選版 日本国語大辞典 「シェラン島」の意味・読み・例文・類語

シェラン‐とう ‥タウ【シェラン島】

(シェランはSjælland) デンマーク東部にあるシェラン諸島の主島。東岸に首都コペンハーゲンがあり、エアスン海峡を隔ててスウェーデンと対する。酪農穀物の栽培を主とする。ゼーラント島。ジーランド島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「シェラン島」の意味・読み・例文・類語

シェラン‐とう〔‐タウ〕【シェラン島】

Sjælland》デンマーク東部にある同国最大の島。シェラン諸島の主島で、東岸に首都コペンハーゲンがある。北部の三つの樹林帯は古くからデンマーク王室の狩猟場で、17世紀から18世紀に建てられたバロック様式の館などが残り、2015年に「シェラン島北部のパルフォルス狩猟景観」の名称世界遺産文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「シェラン島」の意味・わかりやすい解説

シェラン島
シェランとう
Sjælland

デンマーク東部にある同国最大の島。行政上は大コペンハーゲン都市圏およびフレデリックスボル県ケーベンハウン県西シェランス県ロスキレ県ストルストレームス県の 5県に区分される。東岸に首都コペンハーゲンが位置し,人口密度はデンマークで最も高い。バルト海入口にあり,西部はストレ海峡を隔ててフューン島に,東部はエーレスンド海峡(エーレスン海峡)を隔ててスウェーデンに対する。フィヨルドにより海岸線は出入りが大きく,土地は平坦で全体としてやせているが,暖流の影響で高緯度にもかかわらず冬の寒気は厳しくない。東岸北部,コペンハーゲンからヘルシンゲルにかけて造船をはじめ各種工業が立地し,特に南部では農牧業が盛ん。漁業と観光も重要。中世から 16世紀末にかけて国王の狩場として栄え,各地に城が残る。島北部にある伝統的な狩猟用の森や公園は 2015年,世界遺産の文化遺産に登録された。1990年代後半にフューン島とグレートベルト・リンク(橋)で,2000年にスウェーデンのマルメーとオースレン・リンクで,それぞれ接続された。面積 7031km2。人口 81万9427(2008推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「シェラン島」の意味・わかりやすい解説

シェラン島
しぇらんとう
Sjælland

デンマークの島。エアスン(エーレスンド)海峡、バルト海、大ベルト海峡、およびカテガット海域に囲まれる。同国最大の島で、面積7026.8平方キロメートル、人口224万8741(2001)。標高126メートルを最高点とするモレーン氷堆石(ひょうたいせき))丘陵全島を覆い、大地は大波が打つように起伏に富んでいる。その70%が耕地、9%が永久牧草地(湿地)、11%が広葉樹を中心とする森林である。島の最大の都市は首都コペンハーゲンであり、ロスキレ、ヘルシンゲアスラーイェルセ、ネストベズがこれに続く。デンマーク総人口の5分の2を占め、同国でもっとも重要な地域である。

[村井誠人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android