シチリア(英語表記)Sicilia

精選版 日本国語大辞典 「シチリア」の意味・読み・例文・類語

シチリア

(Sicilia) イタリア半島の先端部とメッシーナ海峡を隔てて対する地中海最大の島。イタリア共和国自治州州都パレルモレモンオレンジアーモンドなどを産する。シシリー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「シチリア」の意味・読み・例文・類語

シチリア(Sicilia)

イタリア半島の南にある地中海最大の島。レモン・オレンジ・アーモンドなどを産する。古代からギリシャカルタゴローマ帝国などの支配を受け、1861年にイタリア王国に編入された。面積約2万5500平方キロメートル。英語名シシリー。
シチリア島と周辺島嶼からなるイタリアの自治州。経済面で北部諸州に遅れをとるが、独自の文化があり、農産物が豊かで観光客を集める。アグリジェント県・エンナ県・カターニア県・カルタニセッタ県・シラクサ県・トラパニ県・パレルモ県・メッシーナ県・ラグーザ県がある。州都はパレルモ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山川 世界史小辞典 改訂新版 「シチリア」の解説

シチリア
Sicilia[イタリア],Sicily[英]

地中海最大の島。現在,イタリア共和国のシチリア自治州を構成する。中心都市はパレルモ。地中海の中心という戦略的に重要な場所に位置しているため,この島は古来より覇権争奪戦の焦点となり,さまざまな民族や国の支配を受けてきた。主なものだけでも,カルタゴ,ローマ,ヴァンダル東ゴートビザンツ帝国アラブノルマン神聖ローマ帝国(ドイツ),フランス(アンジュー家),アラゴン王国,イタリアをあげることができる。しかし,同時に,この島は,異文化の十字路となり,さまざまな文化的背景を持つ人々が接触,交流する場ともなってきた。その複雑な歴史のなかで,シチリアが黄金時代を迎えたのは,9~12世紀のアラブ,ノルマン支配下においてだった。シチリアは,アラブ人たちの手で農業と商業で栄える豊かなイスラーム教徒の島へと変貌し,12世紀には異文化が併存する豊かで強力なノルマン・シチリア王国となった。13世紀前半には神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世のもとで再び繁栄を迎えたが,その後,アンジュー家,アラゴン王家,オーストリア・ハプスブルク家,スペイン・ブルボン家などの支配をへて,1861年イタリア王国に統合された。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android