シャープゲンゴロウモドキ

百科事典マイペディア の解説

シャープゲンゴロウモドキ

鞘翅(しょうし)目ゲンゴロウ科の1種で日本固有種。別名アズマゲンゴロウモドキ。体長30〜33mm。1984年に再発見されるまで絶滅種と考えられていた。生息地が人の生活空間と隣接した低山帯や平野部であるため,絶滅が憂慮される。絶滅危惧IA類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android