シャー・ジャハーン(読み)しゃーじゃはーん(英語表記)Shāh Jahān

山川 世界史小辞典 改訂新版 「シャー・ジャハーン」の解説

シャー・ジャハーン
Shāh Jahān

1592~1666(在位1628~58)

ムガル帝国の第5代皇帝ジャハーンギール三男。彼は若いときから野心家で,父の存命中に反乱を起こしていたが,二人の兄が先に死に,父皇帝の死後に皇帝位を勝ち取った。帝位についてからデカン遠征に乗り出し,またサファヴィー朝軍との間でカンダハールをめぐって対戦したが敗北した。中央アジアのムガル故地の回復をめざし,バダフシャンに遠征軍を出したがやはり失敗した。彼の時代のムガル帝国はアクバル以来の蓄積で帝国の財政は豊かであったが,遠征費用がやがて帝国の財政にかなりの負担となった。彼は,アーグラー城の修復や拡張,デリー城やデリー市内の「天国の水路(ナフレ・ベヘシュト)」,デリーのジャーマ・マスジッド,アーグラーのタージ・マハル廟など数々の大建築物を建設したことで有名である。しかし,これら建設費用そのものは帝国全体の財政にとってそれほど負担になったわけではない。晩年は不遇で,アーグラー城に幽閉されて寂しく死んだ。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

百科事典マイペディア 「シャー・ジャハーン」の意味・わかりやすい解説

シャー・ジャハーン

インドムガル帝国の第5代皇帝(在位1628年―1658年)。その治世ムガル朝最盛期をなし,周辺諸国を平定・服従させ,財政豊かな黄金時代を築いた。しかし妃ムムターズ・マハルを失ってからは放縦に流れ,農村は疲弊し,王子の間では王位継承争いが起こった。その勝者アウラングゼーブにより,1658年に幽閉された。彼が妃をしのんでアーグラに建てたタージ・マハルはインドの代表的建造物
→関連項目アーグラ城塞デリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「シャー・ジャハーン」の意味・わかりやすい解説

シャー・ジャハーン
Shāh Jahān

[生]1592.1.5. ラホール
[没]1666.1.22. アーグラ
インド,ムガル帝国第5代の皇帝 (在位 1628~58) 。父王ジャハーンギールの在世中,反乱を起したりしたが,結局その死後帝位を継承した。彼の時代はアクバル大帝以来続いたムガル帝国の最盛期であり,イランサファビー朝との間のカンダハール争奪戦とデカン・イスラム諸王朝との戦争を除けば,戦争は概して少く,イスラム宮廷文化の華が咲いた。特にインド・イスラム建築はこの時代に頂点に達し,彼が愛妃ムムターズ・マハルのために建設したタージ・マハルはその代表的なもの。晩年は皇子との間に帝位継承をめぐって血なまぐさい争いが起り,結局アウラングゼーブが彼を幽閉して王位についた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「シャー・ジャハーン」の意味・わかりやすい解説

シャー・ジャハーン
しゃーじゃはーん
Shāh Jahān
(1592―1666)

インドのムガル帝国第5代の皇帝(在位1628~58)。ジャハーンギール帝の第3子で、母はラージプート人。メワールのラージプート人やデカンのアフマドナガル王国を攻めて功があり、父帝よりシャー・ジャハーン(世界の王)の称号を得た。皇子間の帝位争いに勝利し、父帝の死の翌年アグラで即位。禄位(ろくい)制度(マンサブ制度)の改革、アフマドナガルの併合と残るデカンの2国の朝貢、新地租制度によるムガル領デカンの復興などを実現し、帝国の黄金時代を築いた。アグラのタージ・マハル(王妃の廟(びょう))や新都デリーの豪奢(ごうしゃ)華麗な諸建築がそれを物語る。老衰により4皇子間の帝位争奪戦争が始まり、彼は新皇帝アウランゼーブにより幽閉され、幽閉中に死去した。

[長島 弘]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 「シャー・ジャハーン」の解説

シャー・ジャハーン

生年月日:1592年1月5日
インド,ムガール帝国第5代皇帝(在位1627〜58)
1666年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android