シ・のぼり・はた・しるし(漢字)

普及版 字通 の解説


15画

[字音]
[字訓] のぼり・はた・しるし

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(しよく)。は戈(ほこ)に呪飾をつけている形で、標識の意がある。旗につけるものをといい、のぼりの類。〔説文新附〕七下に「旌旗の屬なり」とし、〔広雅、釈器〕に「幡なり」とあり、幡とははためくものをいう。〔一切経音義〕に、長さ五尺、半幅の布帛を垂らしたものであるという。

[訓義]
1. のぼり、はた。
2. しるし、めじるし。

[古辞書の訓]
名義抄 ハタ 〔立〕 シルシ

[語系]
・志tji(識)tjikは声義近く、みなしるしとする意がある。は〔説文〕十二下に声義未詳とするものであるが、戈に赤い呪飾を加えて戈を祓う意の字で、はその色、はその帛をいう。のち標識の意となる。

[熟語]

[下接語]
・旗・麾・挙・虚・軍・掲・懸・紅・黄・彩・執・酒・小・章・植・旌・赤・丹・張・白・抜・幡・飛・表・風・立

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android