ジェラール ウリエ(英語表記)Gerard Houllier

現代外国人名録2016 「ジェラール ウリエ」の解説

ジェラール ウリエ
Gerard Houllier

職業・肩書
サッカー指導者 元サッカー・フランス代表監督

国籍
フランス

生年月日
1947年9月3日

出生地
ティロアンヌ

経歴
プロサッカー選手としての経験はなく、英語教師をしていた。1973年からサッカーの指導者となり、ランス、パリサンジェルマンといったフランスリーグの強豪チームの監督を歴任。数々のタイトルを獲得した後、’88年フランス・サッカー協会のテクニカルディレクターとなり、’92年フランス代表監督に就任。W杯米国大会予選終了後、再びテクニカルディレクターに復帰し、’98年W杯フランス大会に向けた代表チーム強化の土台づくりに尽力する。同年英国プレミアリーグの古豪・リバプール監督に就任。数年来低迷を続けていたチームを立て直し、マイケル・オーエン、ロビー・ファウラーといった若手スターを育て上げた。2001年国内のFAカップ、リーグ・カップとUEFAカップで優勝、カップ3冠を達成した。2005年5月リヨン監督となり、2005〜2006年、2006〜2007年シーズン連覇を達成。2007年9月フランス代表のテクニカルディレクターを経て、2010年9月プレミアリーグのアストンビラ監督に就任するが、心疾患治療のため2011年6月退任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android