ジャガー(読み)じゃがー(英語表記)jaguar

精選版 日本国語大辞典 「ジャガー」の意味・読み・例文・類語

ジャガー

〘名〙 (jaguar) ネコ科哺乳類体長一・二~一・八メートル、尾長四五~七五センチメートル。ヒョウに似ているが斑紋がやや異なり、体形ががんじょうで頭が大きく尾が短い。ふつう黄褐色の地に黒色の大きな輪紋があり、体側の輪紋には中に小黒点がある。黒色形もある。単独で行動し、泳ぎ・木登りともに巧みだが、狩りは地上でおこない、おもに中~大形の草食獣捕食。アメリカ合衆国南西部から中南米南米のアルゼンチン北部にかけての森林草原生息アメリカヒョウ。アメリカトラ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ジャガー」の意味・読み・例文・類語

ジャガー(jaguar)

ネコ科の哺乳類。ヒョウに似るが、全体にずんぐりとして頭が大きく、斑紋も大形で、尾はやや短い。メキシコから南アメリカにかけての森林にすむ。アメリカひょう。アメリカとら
[類語]獅子ライオン猛虎ピューマチーター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ジャガー」の意味・わかりやすい解説

ジャガー
じゃがー
jaguar
[学] Panthera onca

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。アメリカヒョウ、アメリカトラともいい、アメリカ合衆国南西部から中央アメリカを経てアルゼンチン北部までの川や沼地の近くの密林に生息する。体長1.1~1.8メートル、尾長45~75センチメートル、体重70~150キログラム。体が黒色あるいは白色のものもあるが、普通、地色は黄色で腹面は白い。ヒョウに似た黒斑(こくはん)があるが、斑紋は大きく、中に小さな黒点がある。単独で生活し、おもに夜行性で、泳ぎや木登りがうまい。乾燥地帯にはすまず、水辺で小形齧歯(げっし)類、アグーチ、カピバラ、ナマケモノ、サル、バク、ペッカリー、シカ、鳥、ワニ、カメとその卵、カエル、魚などを捕食する。一定の縄張り(テリトリー)をつくり、食物が豊富な所ではそれは直径5~25キロメートルである。分布の北にすむものは妊娠期間93~110日で、1月に2~4子を産むが、熱帯地方のものの出産時期は一定していない。子は2年間雌親と過ごし、3歳で性成熟する。寿命は飼育下で22年ほどである。

[今泉忠明]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版 「ジャガー」の意味・わかりやすい解説

ジャガー【jaguar】

ヒョウに似た大型肉食獣(イラスト)。食肉目ネコ科の哺乳類。アメリカ合衆国南西部から中央アメリカを経て,アルゼンチン北部まで分布する。アメリカ大陸に生息するネコ科動物中最大で,体長112~185cm,尾長45~75cm,体重36~158kg。ヒョウに比べると平均的には大型で,四肢と尾が短く,頭部が大きいので,ずんぐりしている。体色は変化に富み,淡い黄色から赤みの強い黄色や赤褐色まであり,全体にヒョウのような黒い斑紋がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ジャガー」の意味・わかりやすい解説

ジャガー
Panthera onca; jaguar

食肉目ネコ科。体長 170cm,尾長 80cm,体重 100kg内外。ヒョウに似ているが,体はがんじょうで,尾も短く体の半分以下。全身黄褐色の地に黒色のリング状の斑があり,大型の斑には中心にさらに斑点がある。サルをはじめとする哺乳類,カメ,ワニなどの爬虫類,魚類などを捕食する。北アメリカ南部,中央・南アメリカに分布し,水辺の森林にすんでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「ジャガー」の意味・わかりやすい解説

ジャガー

アメリカヒョウとも。食肉目ネコ科の哺乳(ほにゅう)類。体長112〜185cm,尾45〜75cmほど。体色は普通,黄褐色だが,ほとんど白色から黒色まで変異がある。ヒョウに似た黒斑をもつ。南・北米に分布。多くは森林にすみ,木登りと泳ぎがうまいが,獲物はふつう地上でとる。おもにペッカリー,シカ,ナマケモノ,サルなどを食べる。普通,単独で生活し,1腹2〜4子。まれに人食いとなるものがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス 「ジャガー」の解説

ジャガー

日本のポピュラー音楽。歌は男性歌手、西城秀樹。1976年発売。作詞:阿久悠、作曲:三木たかし。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のジャガーの言及

【ネコ(猫)】より

…【村下 重夫】。。…

【太陽】より

…するとアナル族の人たちは天の牝犬に向かって,〈放してやれ,放してやれ〉とどなる。日食や月食が超自然的なネコ科動物,ふつうジャガーが襲うため生ずるという信仰は,南アメリカの諸民族(ユラカレ,モホ,チキート,グアラニ,インカなど)に分布している。 日食や月食が,太陽や月が病気になったり,気絶したり,死んだために生ずるという民族は,スマトラのミナンカバウ族,アフリカのコイ・コイン,南アメリカのアラチカノ族などの例がある。…

【ネコ(猫)】より

…体色も変異が著しく,灰色のコロコロ(パンパスキャット)Felis colocolo,灰褐色のジャングルキャットF.chaus,褐色のマライヤマネコF.planiceps,金色をおびた褐色のアフリカゴールデンキャットF.aurata,赤褐色のヤガランデF.yagouaroundiまであり,白色型のライオンP.leoや黒色型のヒョウ(クロヒョウ)P.pardusなども知られている。褐色や黒色の斑紋をもつものが多く,トラのような縞模様,ジャガーP.oncaなどのような梅花状の大きな斑紋,チーターAcinonyx jubatusなどのような黒点があり,それぞれまったく別のもののように見えるが,黒点がつながって縞模様や梅花状斑紋が形成されたものである。ネコ類の体色と斑紋は,獲物に接近する際のカムフラージュに役だつと考えられている。…

※「ジャガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android